ちゃんけいlog

ちゃんけいの1年間アメリカ留学の記録

はじめまして、ちゃんけいです。

そもそも、なぜアメリカへ?

どうも、はじめまして。ちゃんけいです。(このペンネームは知るひとぞ知るペンネーム)

 

春に某大学を無事に卒業をし、晴れて高学歴女子の名前を手にした私ではありますが、

それでどうしてアメリカに行くんだよ!となりますが、事情は書くといろいろと複雑なので知っている方だけで「ああ、そうなのか」と思ってください。

 

日本での就職を考えた時に、どうしても経歴に空白が出来てしまうことが非常に怖かったからです。(といっても、私の場合は一般企業には勤めないつもりでいるので……。)

私が通うのは語学学校です。それでも履歴書にはきちんと書けるものなので、1年間繋ぎにはなるのです。

アメリカのどこに行くの?

私が通う学校はアメリカのフロリダ州の州都タラハシーにある学校です。

日焼けを異常なまでに気にする私がまさかのフロリダを選んだ理由は知り合いがいるからそれだけです。

そんな適当に選んだ場所ですが、FSUは国際関係論が強いと小耳に挟みました。畑が違いますが、私もいろいろかじりはしているので一度ルームメイトに頼んで、講義を受けに行こうかと思います。

 

(ちなみに、私の専門は地域研究、セクシャリティ研究でした。)

 

アメリカのF1ビザ(学生ビザ)の手続き

というわけで、3月中旬からバタバタと準備を開始しました。

アメリカのビザを申請するためには

 

  • I-20(入学許可証)
  • パスポート
  • DS-160ビザ申請書
  • SEVIS費用支払い確認書
  • カラー写真
  • 申請料金の支払い
  • 財政証明書 ※ (他人名義のものならば、戸籍謄本の原本と英訳したものを添付)
  • 成績証明書 ※
  • 面接予約証明書

      ※英文のものを必ず準備

が必要です。

 

ちなみに

私は、①卒業した大学の卒業証明書+成績証明書、②帰国の意思を示すエッセイを提出しました。

 

 

書類の中でも、I-20が一番時間がかかるなあと思って

面倒くさいからアメリカまで取りに行ってきました。

 

そして、書類をすべて揃え終えて、

3月の終わりに大使館でインタビューを受けたのですが

「あなた、どのぐらいの期間いくの?」

と、それだけしか質問されませんでした。

 

 

 

その代わりに

 

「あなたいいわね。タラハシーっていいレストランがたくさんあるわよ」

「わたしもタラハシーに行きたいわ」

 

となぜか、世間話のほうが多かった。

 

不安なインタビューではあったものの、

4月上旬にはビザがおりて、無事にアメリカに行けることになったのですが……

 

 

 

まだいろいろと問題が片付いてません。